スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療術的ナラティブ・セラピー

≪ナラディブとは 要約≫
 施術者とクライエントは人間として平等で対等であるという認識に基づく。施術者の役割はクライエントとの対話によって新しい物語を創造することとなり、セラピーの目標は、問題を解決することではなく、新しい物語・解釈による新しい意味を発生させることによって、問題を問題でなくしてしまう、ということに置かれる。

 科学的根拠(エビデンス)に基づく医療・医学は1990年ごろから提唱されるようになりました。これらは迷信や科学的根拠のない医療行為をできるかぎり少なくし、より合理的で科学的な、多くの人にとって役に立つ医療を目指す目的をもっていました。
 しかし、良かれと思う治療であっても患者の満足度が低く、コミュニケーションがスムーズに行われないことがあります。ナラティブはそうした状況を改善するカギになる可能性があって、注目されはじめました。

 ナラティブに基づいた医療NBM(Narrative Based Medicine)とは次のようなものをさします。つまり、医療機関を受診する患者は、痛みなど具体的な症状のほかに、受診したほうが良いと考えるにいたった気持ちや、治療への期待といったものがあるはずです。こうした気持ちや期待は、患者自身の、これまでの人生や考え方、信条が関係しています。検査データや診察結果だけでなく、こういった患者の心の奥深くからの語りを医療者側は真剣に受け止め、対話をして、それを深めることによって問題の解決を図ろうとする医療、これがNBMです。

≪療術的ナラティブ≫
 器質的疾患:
  内臓や神経、筋肉、器官といった各組織において病理的・解剖的な異常が生じた事により引き起こされる疾患・疾病の総称
 機能的疾患:
 体の組織等において解剖学的・病理的な異常が見当たらないにも関わらず、臓器や器官などの働きが低下する疾患を指す。

 療術を含む民間療法を頼ってこられる方は、機能的疾患(心身症含む)の方が多いと思います。医療機関などで検査を行っても異常が分からない。カラダが辛いのにデータ状は異常がないので原因不明とされ神経内科への受診なども進められる場合があるようです。

 エビデンス(科学的根拠)も大事ですが、クライエントの物語を聞くことが施術の参考に役立つことが経験上非常に多いです。不快なところの症状緩和も大事ですが共に新しい物語を構築していくことが、今後の民間療法に必要になってくる分野だと感じます。

 それには、コミュニュケーション能力が必要になってきます。また次回に…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。