スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手技等における禁忌症ガイドライン

 先般、国民生活センターが「手技による医業類似行為の危害」-整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も-報道発表資料を提示されました。

 エステティックサロンやアロマトリートメント等は除外されています。健康維持や身体症状の解消、改善を目的として行われる手技による医業類似行為のみを対象とされています。

 主な危害部位は「腰部・臀部でんぶ」が164 件(21.7 %)で最も多く、そのうち112件(件数は本件のために特別に事例を精査したもの)は腰に危害が発生したという相談であった。また、「首」135 件(17.8 %)、「胸部・背部」125 件(16.5 %)

 危害内容は、「神経・脊髄の損傷」177 件(21.6 %)、「骨折」79 件(9.6 %)、「擦過傷・挫傷・打撲傷」78 件(9.5 %)の順で多かった。「その他の傷病及び諸症状」の具体的内容としては“痛み”や“痺れ”等が多かった。
上記のとおり報告されています。


 危険部位・危険内容をもとに考えてみると、無謀な脊柱矯正による事故が殆どです。
事故が起こる原因として術者の技能不足、および禁忌症等の評価鑑別などを理解しないで、能力の守備範囲を逸脱して起こった事故が多いように思います。

 最低限、禁忌症のガイドラインは学ぶべきだと思います。
このガイドラインは医療類似行為に於ける全ての業種に当てはまると考えます。

  厚生労働省科学研究費補助
 医療安全・医療技術評価総合研究事業
カイロプラクティック等における禁忌症ガイドライン

(財)全国研究財団が手掛けた事業であり、民間療法でありながら国の支援を受けて作成したガイドラインです。このガイドラインが、医療類似行為の手技、または医療類似行為に伴わない手技全てに対し必須のガイドラインです。

 療術団体以外の受講も可能です。
各種セラピストの皆様、禁忌症ガイドラインを受講しませんか?
個人サークルや各団体・グループなど受講人数が定員に達した場合は出張講習も可能です。

研修修了後は、禁忌症ガイドライン講習認定証を発行いたします。

詳しくは「大阪府療術師会」へお問い合わせください。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。