スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒップジョイント

 筋骨格の歪みを調整しても2~3日で元の姿勢や不具合が生じないですか?
それはヒップジョイント(股関節)周辺の筋と関節の調整が上手くいっていない可能性があります。股関節周辺には下半身を支える大事な筋肉組織があります。関節軸の変位により筋組織の不具合、または筋組織の不具合(筋緊張・筋弱化)により関節軸の変位を促す場合があります。

 洋式トイレが流行する前は、和式トイレでしたので自然と1日数回は股関節を広げて適度な刺激があったのですが、現在は股関節を広げ加重刺激を与えることが少なくなっていると思います。

下記の状態の方はヒップジョイントの不具合かもしれません。 
・骨盤の歪みを調整しても暫くすると元に戻ってしまう。
・脊柱の歪みは調整できたが立位の時に全体的に歪んで見える。
・あぐらをかくことが出来ない。
・椅子に座った時に脚を組む
・O脚
・上向きで寝ると膝が浮く
・上向きで寝ると膝を立てるor立膝が広がる

一つでも該当すればヒップジョイントの問題があるかもしれません。
一度、ヒップジョイントの状態を調べませんか?

「大阪療術」「京都蘇庵」「天理藤井療術院」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ヒップジョイント】

 筋骨格の歪みを調整しても2~3日で元の姿勢や不具合が生じないですか?それはヒップジョイント(股関節)周辺の筋と関節の調整が上手くいっていない可能性があります。股関節周...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。