スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施術ポイント

≪痛みの状態の観察≫
 電気療法を始める前に痛みの原因の箇所を探ることが必要である。外傷や骨性・関節性などでは痛む部
位が特定できますが、慢性痛に移行している筋肉性などの場合は、本来の痛みの発症部位と違って異常姿
勢により、筋肉性の代償性作用により全身に違和感が出現する場合も多々あります。
 
≪痛みの種類を確認する≫
◎安静時の痛みか動作時(動き始め・動いているとき)の痛みか?
◎鈍痛か鋭痛か?
◎痛みの箇所は?
◎痺れを伴っているか?
◎その他の痛み

≪痛みを見極める≫
おおよその痛みの種類を特定出来ましたら、次に痛みの種類の裏付けを確認するために各
種検査法で再確認してください。

  ・中枢神経検査
    大脳、小脳、脳脊髄検査など
  ・末梢神経検査
    知覚検査、深部腱反射、徒手筋力検査、病的反射テストなど
  ・筋骨格系検査
    可動域検査、誘発テストなど
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。