スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カイロプラクティック等における禁忌症ガイドライン(1)

厚生労働科学研究費補助金 医療安全・医療技術評価研究事業として

(財)全国療術研究財団は、国からの補助金を得て
≪カイロプラクティック等における禁忌症ガイドライン≫を作成いたしました。

1年目:外国(アメリカ・カナダなど)の状況をまず調べる
2年目:日本においてアンケート調査
3年目:ガイドラインを作成

(1)目的
カイロプラクティックなどの手技療法は、
法的な資格制度がない
施術法も受けた研修内容もバラバラな状況
確立された標準的な施術手順も存在しない
患者の安全性が十分に確保されていない

厚生労働科学研究費を受け、カイロプラクティック等の安全性を高めるための方策について研究をすることになった。
平成16年度「アメリカやカナダにおける法制度についての調査」
平成17年度「施術者と患者へのアンケート調査」
平成18年度「禁忌症への対応方法」
   
    平成3年 厚生省医事課長通知
「いわゆるカイロプラクティック療法に対する取り扱いについて」
1)禁忌対象疾患の認識
*適当でない疾患
腫瘍性、出血性、感染症、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等

*悪化しうる頻度の高い疾患
椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、側彎症骨粗しょう症、不安定脊椎、二分脊椎症、脊椎すべり症など

2)一部の危険な手技の禁止
頸椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は…禁止する必要がある

3)適切な医療受療の遅延防止

4)誇大広告の規制


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
平成23年12月25日(日)
第一回療術プロセス講習会 開催
「カイロプラクティック等における禁忌症ガイドライン」

時間:10:00~14:00
費用:10000円
場所:大阪市中央区
   地下鉄谷町4丁目下車

詳しくは下記へ
大阪府療術師会
http://osaka-ryojutsu.web.infoseek.co.jp/index.html

大阪療術で検索!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。