スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療術的ナラティブ まとめ1

次のステップに行く前に…基本のまとめ。

 クライエントがカラダの不調に対して関連有る無しに関わらず物語をじっくり聞きます。語る内容をいちいち否定せず次につながる聞き方を心がけます。そして内容を確認しながら施術者は、的確な質問を行いながら物語を受容します。

 次に、施術者はクライエントの物語をベースに評価鑑別の物語を語っていきます。そして、クライエントと施術者との共有物語を構築します。その場で作成するのではなく徐々に物語を展開していくことが重要です。 

 クライエントとの良好な関係を継続的に続けるには、生活習慣等の改善等が必要な場面にどう対処して共有物語を無理なく描けるかは、情報の共有が必然です。「こうしなければいけない」「こうしろ」など命令形では、逆にプレッシャーになる恐れがあります。

 まずは、無意識の領域を意識の領域に徐々に変換する作業を行います。大まかに上記のプロセスが基本ですが、必ずこの基本通りにしなければいけないという事ではないですが、基本ラインがずれているとうまくいかないことが多いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤井 英之

Author:藤井 英之
全国療術師協会/大阪府療術師会所属

天理藤井療術院/大阪療術センター/京都蘇庵
上記の箇所で療術を営んでいます。

電気療法・カイロ手技等を駆使して体調を整えます。
お気軽にお尋ねください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。